2006年06月11日

委員長は承認せず、クリア

委員長は承認せず (公式サイト:chien

僕はとてもとても恥ずかしい告白をしてしまうと、僕は自らに課せられたのために絶望的な戦いに挑む委員長が大好きなのであった。 はっきり言って大好きなどという言葉でくくれるものではなく、僕の根底に位置するといっても過言ではない。

その幼児的な憧れを完璧に満たしてくれるこの作品は、はっきり言って面白いとか面白くないとかそういう観点では語ることが出来ず、 そもそも一般的な意味で面白いとか出来が良いとかそういう考え方も出来ず、ただただひたすら好きとしかいえない。心の奥底では、 あまりに日常ギャグを多用した文体やどたばたの展開や過剰な引用とか嫌いな人は嫌いだろうし、 全体的にオタクっぽい作品であるということは理解できないでもないのだが、そんなことは積極的に無視するとして、 とにかく僕はこの委員長は承認せずという作品が好きで好きでたまらないのだということだけを訴えて生きたいところだ。ちなみに誤植ではない。

委員長は承認せずのラストを見る限り、もしかしたら続編の可能性もないではないのか?だとすれば僕はただただそれを喜ぶばかりである。 終わらない物語には意味がないとかなんとかそういう議論はこの場に限っては一切無視だ。続くのであればいくらでも続編を書いてくれ、 とシナリオライターには言いたい。

だが、語るべきことがなくなった時、それは僕が好きな委員長ではないのだろう、とも思う。

矛盾しているが、ファンの心理とはこんなものか、と自分で納得してしまった。

何の話をしているんだ僕は。

posted by 背徳志願 at 12:38| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは、お恥ずかしい。

ボクには、従属への渇望というか奴隷願望というか。絶対的な強者に見下されたいというさらに下種な欲望があるので、その点が正に「委員長は承認せず」という作品を愛してやまない点だったりするのですが、恥ずかしすぎるのでこれ以上は語らないことにします。
Posted by はいとくしがん at 2006年06月11日 22:34
思わず笑ってしまったので仕方がない。卑怯な男だぜ…。

それにしても客観的に見ると恥ずかしさが倍増するのは一体どういうわけだ。

これなんて羞恥プレイ?
Posted by 吉兆 at 2006年06月13日 21:25
ん?ああ、吉兆様はツンデレだから。
Posted by 背徳志願 at 2006年06月13日 21:29
意味がぜんぜんわかんねーよ!
Posted by 吉兆 at 2006年06月14日 21:48
オレがオマエでオマエがオレのわけだよ。きっと。
Posted by はいとくしがん at 2006年06月17日 22:06
初めまして、ブログってけっこう難しいですよね!
気になってコメントつけさせていただきました。
ちょこちょこ拝見させていただきます。
Posted by yayoi at 2006年06月22日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。