2005年02月22日

買った。

昨日は久しぶりに早く帰宅したので(なんと19時)漫画やら買い込み。

ハヤテのごとく(1)』 著:畑 健二郎

結構完売続出のようですねえ。まあ、うちの近くでは山積みでしたが発注担当がいい仕事したのかしら?

内容ですが、以下の点から、ポストスクールランブルを狙えるのではないか―という作品でないかと思うが如何なものだろうか。

今流行のツンデレ系お嬢様とメイドと無敵っぽい主人公の勘違いしたまま延々と人間関係が進展しない話。 端的にいうと登場人物の少ないスクラン?ところで、一番萌える登場人物はハヤテくんの女装だと思うのだがどうだろうか?

ネギま(9)』 著:赤松健

学園祭準備あたりの巻ですね。コスプレ喫茶は素敵だ。人気投票の順位と扱いがほぼ正比例する神業的な表現が素晴らしい――気がする。

ぱにぽに 桃月学園絶対入学マニュアル

こっちは『ぱにぽに』のファンブックのようなものですか。特に書き下ろしがあるわけでもないですが、 雑誌露出時のカラーや特典テレカ画像などのイラスト類は豊富。



posted by 背徳志願 at 06:51| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ハヤテのごとく」・・・・

アレは、良い作品だねぇ〜。しみじみ。

このハヤテくんは不幸に好かれているけど、意外となんでも出来るし、女装も似合うくらいいろんな服も着こなせる、実はシアワセな奴なのでは・・・というのはモテナイ君の僻みなのだろうか?それとも。「白馬のお姫様」症候群の表れなのでしょうか?
Posted by きつねのるーと at 2005年02月24日 02:21
ハヤテくん萌え萌えですねえ。
Posted by 背徳志願 at 2005年02月24日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。