2004年08月26日

バーチャル彼女でも金のかかる時代になったらしい。

携帯コンテンツの切り札になるかどうかは知らないが面白い試みですね。
ただ惜しむらくは香港、キャラクターがちっとも萌えない(苦笑)。
まあ、世の中にはララ・クロフトのポリゴン顔がいいという人もいるのでなんともいえませんが。
 
日本でも『バーチャル妹』とか『バーチャル13歳のメイドさん』とか『バーチャル娘』とか出来そうな気がするね。特許―商標登録か?もう取っている人間とかいたりして…小波あたり。
 
でもこれって、『ルームメイト井上涼子』とかそんな感じだよな。チャットが出来れば『Noel』か?
『たまごっち』とか『プリンセスメーカー』はちょっとターゲットがずれそうだな。
 
ま、脳内彼女なり脳内妹がいる人間には不要そうなアイテムだね。


posted by 背徳志願 at 14:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。