2006年06月08日

DMC購入

デトロイト・ メタル・シティ」 著:若杉公徳

理想と現実とのギャップの間に苦悩する若者の物語だ。いうなれば、青春の―若者の物語といえるかもしれない。

特筆すべきはネームの素晴らしさだろうか。真似してみたくなる言語センス、この点は覚悟のススメシグルイ山口貴由に比較してもいいかもしれない。

実に名作。というか、音楽漫画で今一番面白いのではないでしょうか。

posted by 背徳志願 at 05:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

DMC難民

デトロイト・ メタル・シティ』がどこにも売っていません。

外出先でも探しているし地元もチェックしたのだが。

…まさにファッキンガム宮殿。

 

posted by 背徳志願 at 05:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

哭きの竜 外伝

哭きの竜 外伝(1) 能條純一

まさか竜が生きていたとは(思ってましたが)。

あの能書きヤクザ麻雀が帰ってきました。幸せだなあ。

オレには時の刻みはないとかいって14年も待たせやがったぜ。うへー。

 

またアニメ化しないかしら…ガイナックスあたりで。

posted by 背徳志願 at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

『武蔵伝(1)』、読了

武蔵伝 (1)』 著:石川賢

おもしろーい。石川賢信者なら当然の反応ですね。

まず、第一に伝奇好きならば、当然、増殖する剣豪に憧憬の念を抱くものです。『十兵衛両断』 で感じた柳生十兵衛の増殖と豹変に興奮に似た感動を覚えたものでしょう。

今作では。宮本武蔵が増えます。腕が4本とかちっとも萌えない女性キャラとかスタンダード武蔵とか坊主とかジジイとか。

あとは、どのような石川賢テンプレート…別名俺たちの戦いはこれからだテンプレートになるのか期待しておきましょう。

posted by 背徳志願 at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ネウロが面白い

ところで、今回のディビット・ライスのセリフは名言ですな。豹変する魅力といいますか。いままでと、 言ってることまったく違うじゃんというのを絶妙なリアリティで表現しております。まさに声に出して使いたい日本語―まあ、 発言している人は彼の国の住人のようですが―。

というわけで、あの素敵セリフを応用…まあ、誰でも考えるが… ヘルシングの少佐とかアンデルセンとかに言わせる妄想をして家の帰りにニヤニヤしておりました。

例えば、戦争が好きだ発言の後に「すいませ〜ん、ボク、ウソついてました。」。暴力を振るっていいのは異教徒とバケモノだけですの後に「 (略)」。途端に魅力的な駄目な人になります。

…なんか平野耕太なら普通にネタでやりそうだよなあ…とか思った今日この頃。

posted by 背徳志願 at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

シグルイ御先祖占い

シグルイ御先祖占い

背徳志願さんの御先祖様は山崎九郎右衛門 にて御座いまする。

山崎九郎右衛門さんは、物事を筋道立てて考える理論家さん。自分が納得するまできちんと考え、それから行動を起こすタイプです。 沈着冷静で、なおかつひたむきに物事に取り組む姿勢は、周囲に大きな好感を与えます。リーダーに望まれることも、少なくないでしょう。 どちらかというと表舞台は苦手なあなたですが、周囲の期待には頑張って応えてみて。その経験は必ずあなたの糧になり、 あなたの成長を助けていくはずです。知識欲も旺盛なので、仕事は自分の知識を生かせるものがベター。研究職にも向いています。恋愛面は、 これが意外と情熱家。好きになると一直線なのですが、押すところと引くところを上手に使い分けると、さらに楽しい恋愛ができそうです。

…うむぅ?微妙なキャラだが否定はしにくい。前世では、BLだったとは知らなかったわ。

そういうわけで、吉兆先生には、伊良子様を狙っていただきたい (or虎眼先生)。

posted by 背徳志願 at 13:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

哭きの竜 外伝

…竜が生きてた!って、あれで終わってなかったのかよ。ソース(近代麻雀)。

しかも知らない間に10話近くいっているみたいだし…。

単行本出たら買おう。

哭きの竜は個人的に好きな漫画ベストですからね。

アニメ版も好きだが。(池田秀一の声で「あンた背中が煤けているぜ」とか「ロン」とかいうところが)

 

posted by 背徳志願 at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

買い物報告(漫画ほか)

今日は埼玉に行って必然的にアキハバラ散策。まあ紳士の嗜みというヤツですかな。

「Gothic Lolita Viandier」CHOCOLATE SHOP(同人誌)

トラとメロンで計二冊。畜生、こう考えると会場で黒が買えなかったのがつれえ…。ヤフオクかなあ。

ああ、前作のゴスロリ本は、初版二冊+二版一冊もっておりますよ。

ナポレオン〜獅子の時代〜(4)」 著:長谷川哲也

こちらは普通に漫画。男のロマンということでひとつ。

ニンギョウがニンギョウ」  著:西尾維新

買いました。金ならいくらでも出す西尾フリークってやつだな。講談社にカモられているよなあ。ふふふ。

posted by 背徳志願 at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

ネガティブキャンペーン3だそうな

ネガティブキャンペーン3

NHKにようこその岬ちゃんフィギュアがいいですねえ。裸ということはパンツは履いていないのでしょうか?穿いていないのでしょうか? 水着仕様とかだったらがっかりだなあ。

…amazonで予約したさ。

posted by 背徳志願 at 00:08| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

久しぶりに購入報告

DVD

『air (1)初回限定版』

知らない間に購入していたぜ。こうなれば、いっそ全巻購入特典でも目指すか。

漫画

『武装錬金(7)』 和月伸宏

斗貴子さんとカズキのストロベリー逃避行編ですな。本誌での掲載位置が最近怖いですが是非綺麗に終わらせて欲しいものです。

『DEATH NOTE(6)』 原作:大場つぐみ/漫画:小畑健

今回はまる一冊ヨツバ編。普通に良質なミステリーとして読める稀有な漫画ですな。ちょっとメフィスト系っぽいが。

 

昨日以前に買ったやつはそのうちまとめます。石川賢風涼宮ハルヒ最終回とか考えていたのだけどなあ。

posted by 背徳志願 at 06:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

今日の買い物

主に石川賢。というか石川賢。「石川賢で出来ている」。

なんとなく古本屋に寄ったら心惹かれたもので…。

虚空戦記(1)(2)<文庫版

ゲッターロボ(1)<文庫版

ゲッターロボアーク(1)

…やべえ石川賢やばいよ。登場する人間がかたっぱしから変だよ。

ああ、蒼穹のファフナー+石川賢の妄想がより具体化してまいりました。

具体的には蒼穹戦記ファフナーに繋がる大いなるプロローグとしてのイメージを…。

ファフナーアーク、ファフナードラゴン、ファフナーエンペラー…etc(なんか普通にありそう?)。

posted by 背徳志願 at 20:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

逆境ナイン公式サイト

まあ、冬コミの同人誌で映画化は知っていましたが(公式サイト

本当に藤岡弘使うとはビックリだ。ああ、なんか無駄に期待が高まるなあ。

原作のどのあたりまで再現するかとか原作者ご本人が登場するかとかな。

 

同人誌といえば、AUの映画化はありませんか?ないですか。そうですか。

posted by 背徳志願 at 23:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

買った。

昨日は久しぶりに早く帰宅したので(なんと19時)漫画やら買い込み。

ハヤテのごとく(1)』 著:畑 健二郎

結構完売続出のようですねえ。まあ、うちの近くでは山積みでしたが発注担当がいい仕事したのかしら?

内容ですが、以下の点から、ポストスクールランブルを狙えるのではないか―という作品でないかと思うが如何なものだろうか。

今流行のツンデレ系お嬢様とメイドと無敵っぽい主人公の勘違いしたまま延々と人間関係が進展しない話。 端的にいうと登場人物の少ないスクラン?ところで、一番萌える登場人物はハヤテくんの女装だと思うのだがどうだろうか?

ネギま(9)』 著:赤松健

学園祭準備あたりの巻ですね。コスプレ喫茶は素敵だ。人気投票の順位と扱いがほぼ正比例する神業的な表現が素晴らしい――気がする。

ぱにぽに 桃月学園絶対入学マニュアル

こっちは『ぱにぽに』のファンブックのようなものですか。特に書き下ろしがあるわけでもないですが、 雑誌露出時のカラーや特典テレカ画像などのイラスト類は豊富。

posted by 背徳志願 at 06:51| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

平野耕太氏のホームページって閉鎖?

たしかコチラだったと思うのだが。

日記ページが好きだったんだがなあ。あとトップの織田信長プレイ。

posted by 背徳志願 at 06:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

シグルイ映画化?

シグルイ――まあ、正確には元ネタの方だが映画化されているようですね。

対決(1963)  goo映画

あらすじに書かれている内容を見る限り間違いないと思うのだが?

ちょっと見てみたいよね。無明逆流(実写)とか。どっかで見た人いないかなあ。

posted by 背徳志願 at 10:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

お気に入り漫画―シグルイ―

最近は『 シグルイ』が個人的にお気に入り、ああ、三巻が待ち遠しいなあ。

いきなりカラーでの臓物描写、血の匂いまで生々しく伝わってきそうな筆力。隻腕の剣士と盲目の剣士の立会いからその因縁にいたる流れるような展開。

残酷で無残で非常に美しい骨太の物語ですよ。こういうのアニメ化とかされねえかなあある意味で日本の文化を残すためにも。TVでもテレ朝あたりならいけねえかな―時代劇は規制が緩いっぽいし。

posted by 背徳志願 at 16:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

買った

げんしけん (5)  木尾 士目

買い忘れの処理。斑目の秋葉原専用服誕生のエピソードはよい感じでしたね。生々しくて。オタクが洒落っ気出すと…ああなるよなあ。あと、同人ゴロのハラグーロさんは、とても二十代に見えません。大同人物語だったらきっと主人公に蹴りいれられているはずです。

まあ、個人的にはラブやんのが好きだなあ…。

posted by 背徳志願 at 15:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

買った

ラブやん(4)」 田丸ヒロシ

オタクの生態嗜好を赤裸々に描く話題作。現代のファンタジー。多分、愛の物語。

げんしけんよりある意味こっちのがリアルだよなあ…。カズフサとかヒデヒコが他人とは思えない。

げんしけんも発売していたのか…ぜんぜん気が付かなかった。表紙の天使カズやんの印象が強かったからでしょうか?

キングゲイナー(3)」画:中村 嘉宏

原作はテレビアニメのオーバーマンキングゲイナー…あれは面白かったな。最近のロボットアニメ事情を鑑みてしばし憧憬に似た感情に浸ってしまった。

こっちはその漫画版、基本的に原作に忠実にやっています。しかし、三巻でここまでしか進んでいないのをみると……かつての(今もか)エヴァンゲリオンの漫画版を思い出しますね。

やっとまともにシンシア・レーンが登場したのでなにも言うことないです。薄い体のラインとえろい服がうまいなあ。

posted by 背徳志願 at 17:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

買った。

ローゼンメイデン(3)PEACH-PIT

うっかり買い忘れていたのを思い出し、購入。

正直アニメのがいいかも。間の取り方というか展開の速度がいまひとつ好みでない。はっきりいうとアニメの6話分がコミックス約三巻相当ってどうですかねえ?むしろ、アニメに期待―ということでひとつ。

ああ、話とか雰囲気は非常に好きですよ。真紅萌えるし。

ネギま(8)赤松 健

最近普通に面白いのではないか―という気もしてきたこのシリーズ。ファンタジーの文脈というかライトノベルと少年漫画的なお約束の融合ってやつだよなあ。

posted by 背徳志願 at 16:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

買ったもの

吉兆先生ほど買っているわけでもないのですが、買ったもの。

みなみけ(1) 桜場コハル

まあ、普通に面白い。「今日の5の2」の頃よりキャラクターの見分けがしやすい…気がする。パンツは結構出ているがあまりえろくはない。お勧め。

武装錬金(5) 和月伸宏 集英社
掲載順位的にもそろそろピンチか〜と思いつつもアクションと微妙なノリで生き残っている。面白い。ボクの考えた武装錬金とかやらねえのかと個人的にはスゴク気にしている。ああ、オレだったらDEATH NOTEの武装錬金だね。これ最強(マテ)。

DEATH NOTE(4) 原作:大場つぐみ 絵:小畑健 集英社
条件のきっちり決まっている心理戦というか推理モノは結構好み。後付設定が結構ありそうなのだが、きちんと(今のところ)纏まっている。きれいに終われたら名作だよな、これ。

スティール・ボール・ラン(3) 荒木飛呂彦 集英社
スティール・ボール・ラン(4) 荒木飛呂彦 集英社

恒例の―かどうか知らないが二冊同時発売。とりあえず買っておいて損はないシリーズ。魅力的な登場人物に魅惑のストーリテリング、驚異的な作画力。すげえや。ゴールにたどり着けるか、たどり着く前に終わるのか興味が尽きないね(だって、ジャンプだし)。掲載紙は移りそうな気がしないでもないのだが…ちゃんと最後までやってほしいね。

posted by 背徳志願 at 11:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。